沿線NAVIトップ > 公共交通利用促進の取り組み > 神戸市交通局市バス福祉体験授業について

神戸市交通局市バス福祉体験授業について

 ○授業内容
1.全体挨拶
 授業開始は、「よろしくお願いします!」の元気な挨拶から始めます。 
② ③
 
2.ノンステップバスについて
 挨拶が終われば、早速、ノンステップバスの特徴(スロープ等)や特技(車高の上下調整等)について学習します。
④⑥
 
3.車内学習
 普段、何げなく乗っている市バスには、高齢者・障がいをお持ちの方・妊婦の方等、誰もが利用できるための様々な工夫がなされており、それらの仕組みについて学習します。
  ⑦
 
4.車外学習
 約70名の乗客を乗せて走る市バスには、大きなエンジン、数多くのミラー、非常用扉等様々な機能が満載です。
  ⑨
 
5.車いす体験
  車内・外の学習終了後、今度は車いすを実際に車内へ運んでみます。実際に「車いすに乗ってみる」「車いすを運んでみる」ことを体験することにより、車いす利用者への対応方法について学習します。
  ⑪
 
6.高齢者擬似体験 
 次は、補装具を付けて高齢者になりきってもらいます。足腰が不自由な高齢者を体感することで、高齢者の気持ちやサポートする側の対応方法を学習します。  
 ⑬
 
7.安全啓発
  バスには運転席から見えない部分『死角』がたくさんあります。実際のバスを使って『死角』を確認し安全について学習します。  
 
8.質問
 最後は質問コーナー。授業を通して疑問に思ったこと、普段疑問に思っていたことを質問します。  
 
 
9.終了
 最後は、「有難うございました!」の元気な挨拶で授業を終了します。
 
 
○復習用教材
復習用教材データ(PDF)
 
 
○お申込み
 毎年、2・3月に翌年度の市バス福祉体験授業実施希望校について、神戸市立の全小学校へアンケート(希望調査)を行います。アンケート結果を参考に、運転士の勤務状況、実施可能場所、日程、過去の実績等を総合的に判断して対象校を決定します。 
 
 
 
 
 
 
 
 

路線検索(他社線を含む)

神戸市交通局 沿線ナビ Facebook
特集
地下鉄運行情報
お得・便利な乗車券&エコファミリー
天気予報NHK神戸放送局
ページの先頭へ